雨・大雨

大雨に関するお困りごとや課題(公共交通機関)
大雨による土砂災害や浸水害により、乗客乗員の生命に危険が及ぶ可能性があるなどの場合、計画運休になります。但し、運休する場合でも事前防災対策が必要です。対策が直前になるほど時間不足による不十分な対策であったり経費が嵩むため、次に降る雨の時間帯、激しい雨の可能性、降水量をできる限り早く情報を入手したい。運行路線用に雨に関する予報は何日先まで対応していますか。
解決例
運行路線専用のポイント天気予報が約3日先まで高精度で予測できます。次に降る雨の時間帯、激しい雨の有無、降水量予測に対応しています。降水量予測情報では、台風や警報級の大雨による土砂災害や浸水害の可能性がある場合は、計画運休や事前防災対策の判断にも活用できます。
雨・大雨に関するお困りごとや課題(ビル・施設管理)
過去に激しい雨の際、止水板の設置が遅れたため、ビル内に浸水し設備に被害がありました。このビル周辺に激しい雨が降る可能性がある場合、その前日には通知していただけませんか。
解決例
貴社ビル用のポイント予報を1~2日前には通知可能です。次に降る雨の時間帯、激しい雨の有無、降水量予測に対応しています。降水量予測では、台風や警報級の大雨による土砂災害や浸水害の可能性がある場合、来訪者やビル関係者等の避難の判断、設備の防災対策の判断にも活用できます。

強風・暴風

強風・暴風に関するお困りごとや課題(公共交通機関)
強風や暴風が予想される場合は、安全運行上、速度制限や運休となります。ただし、地形や路線の構造上、全て同じ風速とみなしており、運行路線が一律になっています。路線単位または一部区間毎に予報は可能ですか。
解決例
路線単位または一部区間毎のポイント予報が可能です。約3日先までの天気や風向風速(平均風速・最大瞬間風速)を時間帯別に予測可能ですので、速度制限や計画運休、防災対策等のタイミングが判断できます。一層きめ細かな安全運行が可能です。
強風・暴風に関するお困りごとや課題(ビル・施設管理)
屋外でのメンテナンス、修理作業やゴンドラでの清掃業務では、急な突風や強風、風向の急変による事故が毎年発生しています。作業現場がビルの屋上や側面のため、一般の天気予報を利用できない場合があります。指定したビルでの風向風速の予報はできますか。
解決例
ご指定ビルの天気、風向風速(平均風速・最大風速・最大瞬間風速)を時間帯別に予測可能です。なお、ビルの高さ、ビル側面作業の場合は側面の方位及び地上高に関する情報をご提供ください。
ご指定ビルの風予測を活用するメリットは、労働災害の防止だけでなく、事前に作業実施や作業中止の判断が可能で、無駄な経費の削減により、収益の改善にもつながります。

雪氷

雪氷に関するお困りごとや課題(公共交通機関)
地元気象台の予報が雪の場合、運休や遅延防止のため雪氷対策要員は夜間も待機します。実際に積雪の場合もありますが、空振りも少なくありません。一方、予報が「所により雪」以下の場合、積雪がないと判断し雪氷対策要員は待機しません。ところが、朝にかけて積雪の場合があり、朝から運休または遅延し、復旧時間も長くなります。
 
そこで、運行路線用に積雪の有無や雪の量が予測できませんか。運休や遅延のない安全な公共交通の維持および予報空振りによる経費削減など、対策効果の改善を考えています。
解決例
運行路線専用の雪氷予測により、積雪の空振りや見逃しの削減に貢献できます。
運行路線において、雪の時間帯、降雪量、気温、風向風速などの予測により、雪氷対策要員や時間帯を事前に判断できます。予測内容によっては、影響を受けやすい路線の一部区間が積雪となる場合もあり、要員の待機拠点や人員数も適切に配置できます。
 
このように、運行路線専用の雪氷予測により、積雪の見逃しよる運休や遅延及び空振りによる経費削減も可能です。また、吹雪による視界不良や凍結によるスリップのおそれなど、安全運行や除雪等作業時に必要な注意点と時間帯を提示させていただきます。
 
全社で事前の雪氷予測を情報共有することにより、早めに雪氷準備ができ、より安全な運行や安全作業につながります。

雷に関するお困りごとや課題
雷雲が近づいている時、引き続き業務可能か避難すべきかの判断に困っています。避難の場合、そのタイミングの判断もつかない。さらに、再開の判断も難しいです。
解決例
雷による業務の継続・中断の判断なら、落雷危険度を自動通知する雷警報サービス「雷ウオッチPRO」が解決します。弊社は、落雷や雲間放電を常時取得しています。この雷ビッグデータからご指定地の落雷危険度を計算し、危険度に応じて「雷なし」「注意」「警戒」「厳重警戒」の4段階に判定し、ほぼリアルタイムで自動通知します。
通知は、PC画面や警告灯への自動表示、アラームやAIアナウンサーによる音声での自動案内です(選択可能)。担当者は、落雷危険度の自動通知により、業務継続や中断・再開を判断いただけます。いままでの雷監視による難しい予想と判断が不要となり、本業に専念できます。

お気軽にお問い合わせください。0561-52-0008受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ